PIZZICATO FIVEのMV12本が最新音源版でYouTubeで公開♪




どうも10huuのPewjiです。

90年代のおしゃれ渋谷系代表ユニット
PIZZICATO FIVEが当時のMVを最新音源で
12本も一挙に公開ー!

こりゃ〜たまらんとご紹介♪

PIZZICATO FIVEとは

1984年、小西康陽、高浪敬太郎、鴨宮諒、佐々木麻美子によって結成。翌年、細野晴臣プロデュースにより12インチシングル「オードリィ・ヘプバーン・コンプレックス」でデビュー。1987年、鴨宮諒、佐々木麻美子が脱退。1988年から1990年までオリジナル・ラヴの田島貴男が在籍。1990年、野宮真貴がヴォーカリストとして加入。1994年、高浪敬太郎が脱退し、小西と野宮のユニットとなる。 「スウィート・ソウル・レヴュー」「東京は夜の七時」「ベイビィ・ポータブル・ロック」など、ヒット曲を数多く生み出し、90年代に日本の音楽シーンを席巻した「渋谷系」アーティストのひとつとして支持を得た。 また、1994年5月にはシングル「5×5」でアメリカ・デビュー、秋に発売したアルバム「Made In USA」のセールスは全世界で20万枚を突破。1995年2月(アメリカ10都市、ヨーロッパ4都市)、1997年9月(アメリカ14都市)に2度のワールドツアーを敢行した。 その後も意欲作を次々と発表し、精力的な活動を続けたが、2001年3月31日にベスト・アルバム第3集「Pizzicato Five R.I.P. Big Hits and Jet Lags 1998-2001」をリリースし、その長い歴史に幕を下ろした 。
公式サイトより

やっぱりPIZZICATO FIVEと言えば野宮真貴さんの
ファッションですよね♪

当時のおしゃれ感はハンパなかったですが
今見聞き返してみても全然おしゃれですよね♪

 

当時の映像でのMVなのに逆にお洒落♪



では公開になったMVをご紹介!!
有名所をPICK UPしてみました♪

 

PIZZICATO FIVE / スウィート・ソウル・レヴュー


これはハズせません!!めちゃ好き♪
1・2・3・4!


PIZZICATO FIVE / ベイビィ・ポータブル・ロック


ギターのハーモニクスの所気持ちいい♪


PIZZICATO FIVE / 東京は夜の七時


じゃあ大阪は?(笑)

 




THE BAND OF 20TH CENTURY : NIPPON COLUMBIA YEARS 1991-2001(7inchボーナスディスク付)

まとめ

  • やっぱPIZZICATO FIVEはいい!
  • 野宮真貴ちゃんは可愛い♪
  • 何よりこの音源は絶対買う!!