噂の爆売れ消しゴム「クリアレーダー」を調べてたらライバルMONO消しゴムの意外な真実に辿り着いた!


どうも10huuのPewjiです。
最近消しゴムはMONO派?Radar派?って話を
していたらなんと!Radarのクリアー消しゴムが
爆売れとの情報を入手♪

調べていくうちに衝撃の事実がっ!

そもそもレーダー消しゴムとは

レーダー(Radar)は、大阪市の文具メーカー、シード社が製造するプラスチック字消しの商品名である。関西をはじめとする西日本においては、定番の消しゴムとして広く認知されている。「レーダー」の商品名は「レーダーのようにユーザーニーズをいち早く捉えたい」という意図からつけられたものである。

Wikiより

調べて納得!冒頭の話でレーダー派が多かったのですが
大阪の文具メーカーだったのですね!

 

 

超人気「クリアレーダー」!!

SEED公式サイトより

 

Clear Radar
『青いケースの消しゴム』で親しまれている「レーダー」シリーズに
優れた消字能力と透明性を持たせた「クリアレーダー」が新登場!

消しゴムでクリアーがめちゃ便利!
透明なので書いてる文字が透けて見えるのが
意外と便利です!

 

 

SEED社について調べたら凄い会社だった!

株式会社シードは、大阪市都島区に本社を置く消しゴムを中心とする製品を製造する、日本の文具メーカー。1915年創業。
企業アイデンティティは「消すものづくり。」。
なお、コンタクトレンズ大手のシードとは資本関係などを一切持たない別会社である。

1915年(大正4年)に大阪市都島区に三木康作ゴム製造所として創業。1950年(昭和25年)にシードゴム工業への改名を経て、2002年(平成14年)に営業・販売部門を担っていたシード商事と合併し、現在の社名へとなった。

天然ゴム原料の消しゴムが主流の中、1958年にプラスチック消しゴムを世界に先駆けて生産開始した。また、1989年に修正テープを世界で初めて開発した。代表製品の1つであるプラスチック消しゴムの「レーダー」は1968年( (昭和43年)の発売開始よりラインナップを拡大しながらも今日まで販売を続ける同社のロングセラー商品である。

Wikiより

世界で初めてプラスチック消しゴムを生産し
さらに修正テープも世界初なんだって!!

今回のクリアレーダー開発にも頷けます!

 

 

ライバルMONO消しゴムもチェック!

公式サイトより

 

MONO消しゴムとは

MONO消しゴム(モノけしゴム)とは、トンボ鉛筆が販売するプラスチック消しゴム。ロングセラー商品・定番商品で、比較的高性能であるため愛用する者も非常に多い。一般的に広まっている愛称は、「MONO消し」や「MONO」。

Wikiより

こちらもパッケージを見たら誰でも知ってる
消しゴムと言えばの一角ですよね!

 

 

ここで知った衝撃の事実!

なんと!MONO消しゴムSEEDのOEM製造だった!!
スリーブの側面に表示されている日本字消工業会マークで
判明するようです!

日本字消工業会の基準をクリアした事を表すのが
このマークの役割なのですが製造業者に番号を
当ててマークを管理しているようです。

お手元にある方は確認して見てください!
「01」という番号が振ってあると思います。

この「01」と言う番号が株式会社シードの
製造元になるそうです!!

あえて画像を載せないので自分の目で
ご確認を♪

 

 

まとめ

  • なんてない会話から衝撃の事実!
  • まさかのOEM!
  • 株式会社SEED凄すぎ
  • 修正テープまで世界初!!
  • クリアレーダーは爆売れ中♪

 

 

 

 






[ 噂の爆売れ消しゴム「クリアレーダー」を調べてたらライバルMO... ]Gadget, , , 2019/11/25 23:23